キーボード交換 (dynabook T55/45MG)依頼

お客様より、パソコンの修理の依頼がありました。

ノートパソコンの全角/半角キーが取れて部品がなくなったそうです、量販店にもっていったところメーカー修理になり2万円以上しますといわれ、どうにかならない?とのことでした。

ネットで部品を検索すると、純正の部品が販売されていたのでさっそく注文。

ケース(パンタグラフをはめ込む台座)は割れていなかったのでパンタブラフを交換すれば楽勝!と思ってました。

3日ほどで部品が届いたので、お客さんへ連絡、パソコンを受け取ったとり、新品のキーを分解してつけようとしたところ、ガーン😨 ケースが90度横向きになっているではないですか… ほかのキーボードのパンタグラフも見てみましたが合う大きさがない…

全交換しかないな、ということで分解開始。

dynabook T55系は 本体シャーシの裏からキーボードが出ているタイプなので、裏面から解体を行いました。

基盤関係を外したところ、アルミシャーシと本体がプラスチックで接着されてます。

しかも数十か所、ホットカッターでプラスチックを溶かしてカットしていきました。

ようやく分解完了。作業開始から3時間が経過していました。

あとはキーボードを取り付けて組み立て作業。

本体とアルミシャーシをつけていたプラスチックは溶かして切断したので、ホットボンドで接着。基盤を取り付け無事に作業完了。

スイッチONして動作確認。デバイス認識OK、キーボードOKということで作業完了。

難易度A で作業時間4時間半の大工事でした。

無事に治ってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です